軽費老人ホームの入居用件について

軽費老人ホームの入居用件について

 軽費老人ホームは、入居後の生活に自由度が高く、費用も低額であるため供給が需要に追いつかない程人気があります。しかし、実態としては入居要件から課題が残っています。軽費老人ホームを入居要件の面から検証します。

 

 軽費老人ホームの入居要件の基本は、入居する高齢者が、介護を必要とせず自分の身の回りのことをひとりでできる、自立した生活ができる身体状態であることです。言葉にすると簡単に判定できそうな条件ですが、実際には簡単には判定できないのが、実情なのです。軽費老人ホームの入居要件を考える上で難しい問題のひとつが、この入居要件なのです。

 

 まず、身の回りのことができるという点の意味については、例えば食事や入浴、排泄を自分だけでできることを指します。この点については、こうした身の回りのことをする上で支障のない方でも、認知症の高齢者は、軽費老人ホームが認知症不対応のために入居できないのです。また、介護を必要としないが、身体に障害がある高齢者の方も、傷害があるという点で入居できないのです。

 

 このような事例では、受け入れる軽費老人ホーム側の立場としては、予期できない様々なアクシデントを恐れて、受け入れを断る施設が多いのが実情です。これは軽費老人ホーム側が悪いという問題ではなく、施設に階段があって身体障害者には危険であったり、居室の扉の開閉音が大きくて認知症の高齢者の夜間徘徊が問題になるなど、施設自体の設備上やむを得ないケースがあります。こうした問題は既存の施設では構造的に対応が難しかったり、予算的に不可能だったりします。今後はこうした事例を元に、より一層実態に見合った施設づくりが求められることでしょう。

関連ページ

軽費老人ホームの収入認定についてご説明します
軽費老人ホームのA型とC型では、月額利用料が入居者の収入に応じて変動します。このとき入居者の収入はどのように認定されるのしょうか?軽費老人ホームの収入認定についてご説明します。
軽費老人ホームでの介護保険の使い方
軽費老人ホームには、A型、B型、ケアハウスと呼ばれるC型がありますが、いずれも介護保険では在宅扱いで介護保険サービスを受けることができます。軽費老人ホームと介護保険の関係について、ご説明します。
軽費老人ホームと住宅型有料老人ホームとは何
軽費老人ホームと住宅型有料老人ホームという言葉をよく目にします。軽費老人ホームと住宅型有料老人ホームの利害について説明します。
軽費老人ホームの特定入居者生活保護指定について
軽費老人ホームが介護保険を使える施設になるためには特定施設入居者生活保護の指定を受ける必要があります。軽費老人ホームで介護保険を使うための特定施設入居者生活保護の規定についてご説明します。
軽費老人ホームに含まれるケアハウスとは
軽費老人ホームに含まれるケアハウスとは、どんな施設でしょうか?ケアハウスとは何という疑問にお答えします。
3種類の軽費老人ホームについて
軽費老人ホームには3種類の施設があります。A型、B型、ケアハウスと呼ばれるC型からなる3種類の軽費老人ホームについて説明します。
軽費老人ホームのサービスについて
比較的低額な費用で利用できる老人施設が軽費老人ホームです。軽費老人ホームで受けることができるサービスはどんな内容なのでしょうか。軽費老人ホームのサービスについて調べてみました。
軽費老人ホームの介護サービスについて
軽費老人ホームでは、通常介護保険サービスを使わないのが基本ですが、なかには介護保険のサービスを受けることができる介護型ケアハウスという施設があります。普通の軽費老人ホームが介護保険を使える介護型ケアハウスになるための条件について調べてみます。
軽費老人ホームの一種であるケアハウスとは
軽費老人ホームに含まれるケアハウスとは、どんな施設でしょうか?ケアハウスとは何という疑問にお答えします。
軽費老人ホームの費用について
軽費老人ホームは社会福祉法に基づく福祉施設の1つで、大別すると「A型」「B型」「ケアハウス(C型)」という3つに分類されます。この軽費老人ホームに入居するための費用についてご説明します。
軽費老人ホームについて
軽費老人ホームとは、原則として60歳以上の人−夫婦の場合はいずれか一方が60歳以上−が、無料または低額な料金で利用でき老人ホームです。