認可を受けやすい住宅型有料老人ホームの設立背景と今後について

認可を受けやすい住宅型有料老人ホームの設立背景と今後について

住宅型有料老人ホームは、基本的に地方自治体による介護保険の認可などのステップが必要ありません。こうしたことから施設設立時のハードルが低く、参入しやすい形態であると言えます。

 

住宅型有料老人ホームがこのように、設立の認可面で柔軟な状況下にあることには、団塊の世代の集団退職に備えるという狙いがあります。従来の介護付き有料老人ホームは、多額の新規設備投資を必要とするため、不況下では増設が難しいです。

 

反面、住宅型有料老人ホームは、住宅型とあるように、既存の住宅の延長線上で建設することができ、初期費用を大きく抑えることができます。

 

また、こうした設備規模の小さい施設に、外部の介護サービスをドッキングさせることで、今までよりも小回りの効く経営が可能となりました。

 

これに加え、2006年4月には、入居定員10名以上の規制を廃止しており、設立の認可が受けやすくなりました。これにより更なる新規参入の導引に成功し、現在では有料老人ホームの三分の一が住宅型有料老人ホームの占める割合と」なっています。

 

こうしたことで、来るべき高齢化社会に向けて、その受け皿は整ったと言えます。しかしながら、次の課題として、それぞれの住宅型有料老人ホームのサービスの質が問われています。

 

それは、裕福な高齢者をターゲットに、豪華な施設やサービスを喧伝し、高額な入居費用や利用料を提示する一方で、実体のサービスが伴っていないケース。また、安価な料金を提示しておきながら、実際に入居してみると不便なことだらけで、結果的にいろいろなサービスを追加させられて、貯蓄を吸い上げられてしまうケースなど、様々です。

 

こうしたことから、現在は行政や外部調査会社によるサービス内容の審査が重要な評価基準となるでしょう。ただし、現状多種多様なサービスを提供する施設に対して、どのような評価基準がベストなのかなど、解決すべき課題は山積しています。

関連ページ

費用次第、というわけでもない住宅型有料老人ホーム
多くの住宅型有料老人ホームは入居の際にまとまった初期費用が必要となります。しかし、こうした費用に対し、老後のための蓄えを全てつぎ込んでしまうのは危険です。
住宅型老人ホームにおける認知症の扱いについて
住宅型老人ホームにおける認知症の扱いは、基本的に入居を受け付けない施設が多いですが、軽度の認知症であれば問題ないと判断する施設もあります。
入居条件よりも設備基準を明確にすべき住宅型有料老人ホームの今後
現状自由度の高い住宅型有料老人ホームの設備に基準を設ける必要があるという声も識者の間からは挙がっています。
厳しい施設基準のない住宅型有料老人ホーム設立の背景
住宅型有料老人ホームには、介護付き有料老人ホームにあるような施設基準はありません。このため、比較的自由度の高いホーム運営が可能とされています。
対象別に分化する住宅型有料老人ホームとそのサービスの質について
住宅型有料老人ホーム業界は、利用者のために、サービスの質の上下を、時間軸で管理する基準や規格などのガイドラインが必要
居宅形式で介護を受ける住宅型有料老人ホーム
住宅型有料老人ホームは、基本的には入居者各個人の居宅という位置付けで、そこに各個人が必要に応じて外部の介護サービス会社と契約を結ぶというしくみになっています。
職員配置基準のない住宅型有料老人ホーム
住宅型有料老人ホームには基本的に職員の配置基準といったものがありません。これは、あくまでも住宅型であることがこの施設の主体であるためです。
自費によるショートステイを受け付ける住宅型有料老人ホーム
設置件数が多く、事業の拡張を続ける住宅型有料老人ホームですが、そうした新しい事業形態の中に、自費でのショートステイを受け付ける施設が増えています。
訪問介護費用の増加やその他リスクもある住宅型有料老人ホーム
住宅型有料老人ホームを利用する際、いろいろ自分好みの介護サービスを選べるというメリットがあるのですが、裏返すと、状況や環境次第では、適切なサービスを受けられないというリスクがあります。
需要が育んだ住宅型有料老人ホーム市場
需要の高まりに伴い、施設数が急増している住宅型有料老人ホームですが、その内容は、一言で述べることができないほど多様化しています。