介護サービスについて

介護サービスについて

要介護に認定された方は、要介護1なら165,800円から要介護5なら358,300円まで介護サービスを受けられます。自己負担は、使ったサービスの料金の1割です。

 

では、介護サービスには、どんなものがあるでしょうか?

 

介護サービスは、次のように大きく分けられます。

 

1.居宅サービス(訪問サービス)
訪問介護(ホームヘルプサービス)、訪問入浴、訪問看護、訪問リハビリテーション、居宅療養管理指導

 

2.通所サービス
通所介護(デイサービス)、通所リハビリテーション(デイケア)

 

3.短期入所サービス
短期入所生活介護(ショートステイ)、短期入所療養介護(ショートステイ)

 

4.施設サービス
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、介護老人保健施設、介護療養型医療施設

 

5.地域密着型サービス
夜間対応型訪問介護、認知症対応型通所介護(デイサービス)、認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

 

6・その他
福祉用具貸与、住宅改修、ケアプラン作成

 

 

介護保険のサービスは、ケアプランに従って行われますが、要介護度の利用限度額を踏まえて、どのサービスをどれだけ受けるかを考えましょう。

 

ケアプランは、ケアマネージャーに頼むと無料で作ってくれますから、希望をはっきり伝えて、よりよいプランを作りましょう。

関連ページ

何故、介護が難しいのでしょうか
介護と聞くと、介護者が24時間要介護者の世話をして、疲れる、辛いものと思うかも知れません。確かに、「いつまで今の介護が続くかわからない」という不安がありますが、家族の協力をもらったり、介護サービスを利用すれば、そして介護だけに時間も精神的にもしばられないで、自分の人生を大切にしましょう。
介護保険って民間ではないのでしょうか?
民間でも介護保険があるのです。民間の介護保険は現金をくれるので、自由にサービスを選んで受けることができます。
上乗せ介護料とは
上乗せ介護料とは、介護付有料老人ホームが、介護スタッフの人員を増やした分の人件費を上乗せして利用者に負担してもらう費用のことです。
認知症とは
認知症とは、発育した脳が何らかの理由で損傷してしまい、その結果、それまでに獲得された知的能力が低下した状態をいいます。
認知症の予防
認知症は発症したら、治らないといわれるため、発症する前に予防したいと思うのは当然のことです。
老人ホームと自宅介護
老人ホームなどの施設での介護と自宅での介護。それぞれに一長一短があります。
シニア住宅について
シニアが安心して居住が続けられる配慮のある賃貸住宅−シニア住宅が増えつつあります。その背景には、シニア住宅を支援する制度−高齢者入居支援制度「シニアステージ」があるためです。
認知症対応としての介護付き有料老人ホームの存在
現在、認知症対応としては、訪問介護や介護付き有料老人ホームの利用などが存在します。初期の段階では、心情的に訪問介護を利用しての在宅介護を、認知症対応として選択するケースが大半ですが、やはり、症状の悪化に伴い、最終的な認知症対応として、介護付き有料老人ホームに頼らざるを得ないのが現状です。
介護保険料の増大−老人の定義を見直そう
介護保険だけでなく年金や健康保険の負担も増大しますから、これらを負担する企業や現役世代にとって、未来は非常に厳しいと言わざるをえません。
デイサービスとは
デイサービスがなぜできたのでしょうか?そもそも日本は、医療保険や年金保険により、歳をとって収入が得られなくなれば年金による生活、病気になれば健康保険で医療が受けられることができ、介護は家族がしっかり賄っていました。
介護施設への仲介業者
仲介業者自身が信頼できる業者かどうかが大事なポイントになることは言うまでもありません。仲介業者の具体的な選定基準は
公的老人ホームの介護の有無
公的老人ホームには入所条件等の違いから「特別養護老人ホーム」「養護老人ホーム」「軽費老人ホーム」の3種類の施設に分類されます
軽費老人ホームにおける看護の問題について
看護師や介護福祉士の絶対数は不足しているのが現状です。一般的に介護福祉士に比べてより高度な介護、看護技術を有する看護師にいたっては、給与の高い病院施設などに人員が流れる傾向にあります。
生活保護基準と介護施設
生活保護基準で生活する人は、まず住民登録している市町村の福祉担当窓口を訪ねて介護施設について相談することをおススメします
介護施設の種類と特徴
介護老人福祉施設、介護老人保健施設など介護施設にはいろいろな種類があります
グループホームの理念と介護保険について
入居の前にどのような理念をもっているグループホームなのか、知っておくのは必要なことです。
介護の仕組み
公的な補助の介護の仕組みを理解している人と理解していない人とでは、出費が違ってきます
介護保険法とグループホームの種類について
グループホームの種類には、「併設型グループホーム」「単独型グループホーム」「単独型グループホーム 」のみっつの種類の施設があります。
介護施設の種類た特徴について
介護施設には、介護老人福祉施設や介護老人保健施設などいろいろとあり、その介護施設の種類によって受けられるサービス、費用などが違ってきます
介護と特徴
介護付き有料老人ホームの特徴は、介護保険で「特定施設入居者生活介護」の認定を受けた施設です
介護型ケアハウスとは
公的な補助の介護の仕組みを理解している人と理解していない人とでは、出費が違ってきます
介護老人ホームの料金について
手厚いサポートを考えると、介護老人ホームの料金は高くないと思われると思います
養護老人ホームの介護保険について
介護保険による介護保険施設ですが、いわゆる老人ホームと称される施設は介護老人福祉施設に含まれます。
介護型有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの違い
介護付有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの違いは、「特定施設入居者生活介護」を受けているかいないかです
介護施設に入る利点
介護老人福祉施設、介護老人保健施設など介護施設にはいろいろな種類があります
介護保険とグループホームの入所基準
グループホームが、2000年度から急速に始まったことの背景には、介護保険法に基づく介護保険制度が制定されたことによります。
介護専用型ケアハウスとは
介護専用型のケアハウスは、要介護者等を対象にした公的機関が運営する軽費老人ホームです
有料のショウトステイ
老人福祉施設でショウトステイというのは、「短期入所生活介護」の別名で、日常生活上の世話や機能回復訓練のほか、入所者の家族の負担軽減のためのものです
公的介護老人ホームについて
老人ホームの運営の種類には、公的な施設と民間事業者の営利目的で作られた施設の2種類があります。前者の公的な施設は、総じて老人福祉施設と言います
介護をするとは、どういうことでしょうか
介護をするということは、高齢者が自立できるように支援することが基本です。ですから、なんでもとにかくやって楽をさせればいいと思わないで、本人ができることはどんどんやってもらい、本人だけでは無理なことを「少しお手伝い」をするのだと考えてください。
在宅介護と在宅介護サービスについて
ホームヘルパーなどの専門員が自宅へ訪問して介護をしてくれるのを在宅介護サービスと呼ばれます。
在宅介護は在宅医療となるが、その問題は?
在宅医療と病院の医療の違いがあげられます。
要介護と要支援って、何?
要介護・要支援というのは、介護保険の給付を受けるために、どれだけ介護が必要な状態かを審査して認定してもらうものです。
介護保険とは何ですか?
高齢者医療制度は前期と後期があってわかりづらくなっていますが、介護保険とは健康保険とは何が違うのでしょうか?健康保険は日本国民が全員が加入する皆保険ですが、介護保険というのは40歳からが全員加入する保険です。
要介護にならなかったら、何もサービスはない?
非該当(自立)や要支援のなった場合は、要介護ではないですから、介護保険の対象にならないのでしょうか?
在宅介護は続けられるか?
日本の場合は在宅というと、子供世代との同居を意味することが多い。ですから、地域の支援より前に家族の支援が前提になっています。
介護サービスの訪問サービスについて
介護サービスの訪問サービスについて、詳細を説明します。
通所の介護サービス:デイサービスとデイケア
自宅で介護サービスを受けるのではなくて、施設に通って受けるサービスには、デイサービス(通所介護)とデイケア(通所リハビリテーション)があります。
リラクゼーション機器を導入したデイサービスみとみ横浜西
デイサービス、みとみ横浜西はウォーターベッドを導入しました。冬は暖かく夏は冷たくはない温度の水の流れが、強さや集中する場所も選べて、コリをほぐすように全身の血流をよくしてくれます。
家庭的雰囲気が楽しめるショートステイ
介護に疲れた家族も時には休むことが必要です。ショートステイ(短期入所生活介護)とは、老人ホームなどの施設に1泊から数週間まで入所して、食事や日常生活の介護を受けるサービスです。
介護サービスを事業を、どうしたら調べられるでしょうか
介護サービス事業者は、情報公開の義務があり、事業者と事業所の概要・職員体制・利用料金・サービス内容などを公表しなければならず、それを都道府県かそこが指定する指定情報公表センターが、年に一回公表します。
社会福祉協議会の安心サービスを活用しましょう
社会福祉協議会が、安心サービス・日常生活自立支援事業などの名前で行っているサービスがあります。あまり知られていませんが、介護サービスのように使うと助かります。
要介護者を助ける人達
高齢者など要介護者、要支援者などを助ける介護者、支援者が必要です。ホームヘルパーというのは聞いたことがあると思いますが、それだけではありません。こんなにいろいろな人たちが、介護をしてくれている、助けてくれていることをわかるでしょう。
ホームヘルパー以外の要介護者を助ける人達
ホームヘルパー以外の人達もさまざまに要介護者・要支援者を助けています。
2006年の介護保険法の改正で重点を置いた地域密着型小規模多機能型居宅介護施設とは
改正で重点を置かれた地域密着型小規模多機能型居宅介護施設(小規模多機能ホーム)は、要介護になっても住み慣れた自宅を離れずに、安心の介護サービスを365日提供するための施設ですから、かなり期待が持てます。
在宅介護支援センターから地域包括支援センターへ
2006年から在宅介護支援センターが地域包括支援センターへ変わったのはご存知ですか?
要介護者に役に立つ送迎サービスとは?
財団法人全国福祉輸送サービス協会が高齢者や障害者のために、福祉輸送を継続的に発展するように努力をしています。
パラリンコップなどをNPO法人 たくみ21が販売してます
NPO法人 たくみ21は、神奈川県リハビリテーション支援センターが実施する「福祉機器評価・モニター事業」を利用した有志が中心となり、介護予防自立化への福祉関連機器・用具の研究開発・製品化及び販売促進に共同で取り組んでいます。
福祉用具の活用もしましょうね
福祉用具(福祉機器、介護用品、介護機器)があり、要介護者・要支援者の日常生活や介護の支援のためなどの用具・機器のことで、レンタルや購入には介護保険法が適用されるものもあります。
ケアマネージャーを選ぶのに判断基準は?
良いケアマネージャーを選ぶのには、何を基準にすればよいのでしょうか?大手だから良いケアマネージャーでは無いです。
利用したい新しいタイプの介護サービス
介護保険制度は、2000年4月から始まって既に10年以上が経ちましたが、制度改正や介護報酬の見直しなどもあり、最近創意工夫をした新しいタイプの介護サービスが登場しています。
介護保険を使わないで介護をするには
介護保険を使わないでも介護をするのに役に立つことはいろいろあります。それらも有効に利用しましょう。
口腔ケアをしっかりするのが大事です
口腔ケアをしっかりするのは、摂食障害や嚥下障害を防ぐのも大事で、そうしないとせっかく食べようとしても、誤嚥性肺炎を引き起こしたりします。
高齢者を支える生活の基本は在宅ケアと在宅医療です
日本の医療制度でも後期高齢者をあるべき生活を支える基本は、在宅ケアと在宅医療だという考えです
ケアマネージャーとはどういう人ですか?
ホームヘルパーは直接お客様(被介護者)と接するのです営業員のような資質も必要ですが、ケアマネージャーとはそれ以上に営業員の資質を要求される仕事です。
介護資格者の助成
介護保険が施行されてから10年を過ぎて、高齢社会が進んでいますから、スタッフの拡充が急務です。ですから、国は年間10万人の規模の大増員をめざしていて、自治体もそれに応えて人材育成に力を入れています。
男性による介護とシングル介護の問題
男性が介護をすれば、力があるからよりよいと思うかも知れませんが、男性の場合はどうしても女性に較べて地域社会との関わりが薄くて、いざ介護をしようと思っても、どんな支援が受けられるかを知らない人が多いのです。
ホームヘルパーは、どうあるべきか?
ホームヘルパーは、介護をしていくのに欠かせない職業ですが、ホームヘルパーは、どうあるべきかというと、かなり誤解があるようです。
プロのホームヘルパーとは?
プロのホームヘルパーとは具体的にどういう人をいうのでしょうか。
3つの福祉士について
福祉士と名称に付く国家資格は、介護福祉士だけでなく社会福祉士と精神保健福祉士もあります。どれも福祉の仕事を考えている人に関連のある資格ですが、その違いについて説明します。
認知症と家族の心理的ステップ
介護でホームヘルパーも活用していきますが、それでも家族は認知症の人と関わりが一番強く、かつ24時間が介護ですから、肉体的にも苦労が多いですが、精神的にも乗り越えなければならないものです。
介護保険で頼めない仕事とは?
デイケアなどはわかりやすいですが、ホームヘルパーに依頼をしても、実際に来てみたら、頼みたいことが頼めないということがあります。
ホームヘルパーとはどういう人でしょうか?
ホームヘルパーは利用者を直接介護する人ですが、ホームヘルパーには3級もありますが、ホームヘルパーとして働けるのは1級、2級あるいは介護員などの資格、介護福祉士の資格だけです。ヘルパー2級は130時間の講習を受ければテストはなく取得できます。
ホームヘルパーの介護の仕事
ホームヘルパーには訪問介護の仕事をお願いしますが、訪問介護の仕事には2つの別な仕事があります。どちらか一方を選んで介護サービスを利用するので、もう一方の仕事はできません。
認知症になったのかしら?どうしたらいいのだろう
認知症になるとは、ある日でそれまでの人が突然違う人のようになってしまうのではなく、少しずつ症状が出てきます。ですから認知症は完治することは難しいですが、他の病気と同じように、早期発見をすることは、対策をして、進行するのを遅らせることができます。
認知症の症状と対処方法
認知症の人の言うことを受け止めたあと、どうしたらよいのでしょうか?その人の言うことにとらわれないで、したいことをできるだけさせてあげる、言うことを聞かないのなら見守りましょう。
訪問入浴サービスについて
訪問入浴サービスとは、車で浴槽を持ってきて入浴をさせてくれるサービスです。サービスの利用前にスタッフが訪問をして、駐車場など確認をして、家族の要望を聞きます。特に寝たきりの高齢者にとっては、身体も心もさっぱりして、生活意欲も向上することが期待されます。
福祉用具販売レンタルサービスについて
福祉用具販売レンタルサービスがあります。介護保険の給付は、ヘルパーなどと別に年間10万円まであります。
住宅改修サービスについて
住宅改修サービスは介護をするのに、暮らしやすい環境を整えるために住宅を改修するのに補助をくれる介護保険のサービスです。
デイサービスとショートステイについて
デイサービスとショートステイは、どちらも介護者を預かってくれて面倒を見てもらうサービスですから、介護者が気に入れば家族も積極的に利用すると、介護の疲れも癒されるのではないでしょうか。
要介護認定の結果に納得ができない時は
介護保険を使用しようと思ったら、要介護認定を受けなければならないですね。その認定を受けるのに、どのようにしたら有利でしょうか?つまり、必要な介護をちゃんと認めてもらうには、どうすればよいでしょうか?
遠距離でも介護をするなら見守りサービスとは
最近いろいろできた遠距離の両親を安心して見守れる商品を使ってはどうでしょうか?
在宅介護、別居介護、遠距離介護、施設介護について
自分の両親が要介護者になったのなら、介護を「どこで」するか、そして「誰が」するのかが問題になります。