介護付有料老人ホームを選ぶ基準とその考え方について

介護付有料老人ホームを選ぶ基準とその考え方について

高齢化社会の本格的な到来を迎え、近年、多種多様な業態の老人ホームが次々と設立されています。2006年4月に実施された介護付き有料老人ホームの人数規制撤廃など、法改正も後押しして、その種類と件数は増加の一途を辿っています。
これらは今後加速する高齢化社会に向けて、その受け入れのための母数を増やすという意味では、正しい方向に進んでいると言えるでしょう。

 

しかし、このように増大した介護付き有料老人ホーム業界には、施設を選ぶ基準となるものが乏しいのが現状です。このため利用者側は自分の足とアタマを使って情報を集めるほかありません。
ここでは、そうした介護付き有料老人ホームを選ぶ基準として、どういうことに着目すべきなのかを考えてみたいと思います。

 

まず、介護付き有料老人ホームの業態の幅広さについてですが、先述の人数規制撤廃以降、さまざまな業態、価格体系が生まれています。この中で、施設を選ぶ基準として推奨されるのが、2006年から公表が義務付けられている、介護付き有料老人ホームの「基本情報項目」と「調査情報項目」です。

 

これらは施設が提供しているサービスがどういったものであるか、また、それらが第三者機関によって調査された結果どうであったかを示すものです。現状、同じ土俵で施設を選ぶ基準としては、こうした公表制度を中心に判断できるようになっています。

 

また、介護保険が適用できる介護付き有料老人ホームを選べば、毎月の費用を抑えることができますことは知っておきましょう。

 

そして、被害も多い悪質な業者にひっかからないように、予備知識を備えておくことは当然です。

関連ページ

有料老人ホーム紹介サービスとは
有料老人ホーム紹介サービスとは、【無料で】有料老人ホームを紹介するサービスをする会社のことです。有料老人ホーム紹介サービス業者の利用は無料です。
有料老人ホームで良いのと良くないのがあります
有料老人ホームを見学することは必ずしましょう。すぐに契約をさせようとするのも問題です。
有料老人ホームの質を問いましょう
有料老人ホームは疑問が出てくるでしょうが、それらの疑問や質問は残らず解決するようにしましょう。
介護付き老人ホームと公的評価
老人ホームを選ぶにあたり、どのような選び方があるかについて考えてみたいと思います。
入居基準以外も考慮すべき住宅型有料老人ホーム選びのポイント
多くの住宅型有料老人ホームは、入居基準として要介護認定を受けていないことを挙げています。これは住宅型有料老人ホームが、個別性が強く、共有の介護設備などを設けていない施設が多いことがその背景にあります。
入居までに知っておきたい軽費老人ホームA型の特殊事情
軽費老人ホームA型は、入居まで好きな食事を摂っていた高齢者が、なかなか施設になじめないという問題が起きたりします
費用だけではない軽費老人ホームの選び方
軽費老人ホームを選ぶ際は、費用面だけで考えるのではなく、自分の生活サイクルをなるべく変えないで済む施設を選ぶことも重要なポイントのひとつと言えるでしょう。