老人ホーム

有料老人ホームに費用はどれだけかかるのでしょうか?その費用は、入居一時金月額費用(介護費用・管理費・食費・水道光熱費)個人的な費用(電話代・交際費・薬代)万一の費用(入院費用)を考えておかなければなりません。入居一時金は、0円にしている老人ホームをありますが、一般的には1,000万円以上はとり、平均は2,000万円という話もあります。中には1億円以上の老人ホームもあります。名目は、「入居申込金・終...

有料老人ホームの入居料金の月額はよく考えて払えるものを選ぶと思いますが、その前に払う入居一時金がトラブルになることがよくあります。有料老人ホームの入居一時金は最近ではなくてその代わり月額が高くなっている所もあります。しかし大部分のホームでは、200万円とか500万円とか、あるいは3000万円という高額の入居一時金が必要です。払っても満足する老人ホームならば問題はないのですが、問題はそのホームに合わ...

高齢者を老人ホームへの入居を考える時、一番最初に気になるのが入居費用でしょう。「有料老人ホームは高額、とても入居は無理」と専門情報誌の広告や施設の案内をインターネットで検索して思うことでしょう。実は、老人施設は大きく分けて、公的老人ホームと有料老人ホームとに分類されるのです。具体的には、医療関連の一環の老人保健施設や療養型病床群を除いた公的老人ホームは介護は必要か否かなどの入所条件等の違いから「特...

「介護付き有料老人ホーム」を利用するにあたって、やはり気になるのはその費用です。ここではその費用とその意味するところについて考えてみたいと思います。まず、「介護付き有料老人ホーム」という呼称についてですが、この場合「有料」の部分が気になってしまい、何やらすごく費用がかかるのではないか?という方も多いかと思います。実際、毎月の費用が30万円かかったりと、高額な施設があるのも事実です。さらに、毎月の費...

軽費老人ホームA型は、自炊するB型に比べ、給食費の分だけ必要な経費は高くなります。とはいいましても、施設利用料金は高いところでも月額で17万円程度、安いところでは6万円前後というところもあります。B型は、食費その他経費も自己負担となるため、場所代だけかかるという考え方で、月額3万円から4万円程度です。数字だけを見ると断然B型が安いように見えますが、実際の利用者の声としては、食材を買い出しに行く労力...

老人ホームへ家族など身内の入居を考えねばならない時に、一番最初に気になるのが老人ホームへ入居するための費用だと思います。イメージ先行ですが、「老人ホームの費用は高額」と思っている方は多いと思います。しかし、このイメージは民間事業会社が運営する有料老人ホームのようです。老人ホームなど老人施設は大きく分けて、公的老人ホームと有料老人ホームとに分類されるのです。公的老人ホームと有料老人ホームとでは、運営...

軽費老人ホームには3形態あります。なお、「軽費」と名づけられている通り、自己負担が少なくて入居できる施設です。3形態を具体的に言うと、軽費老人ホームA型は、食事付き。自炊するタイプのB型のほかに、ケアハウス(C型)があります。軽費老人ホームA型は、家庭の事情で家族との同居が困難であったり、身寄りのない人が自治体の助成が受けられるために、自己費用の負担が少なく入居できる施設です。つまり、日常の生活の...