老人ホーム

ケアハウスは、簡単に定義すると「60才以上の自立した方を対象とした、食事・入浴付きの老人マンション」です。軽費老人ホームのA型と似た在宅福祉サービスですが実は自立した方が入る60歳以上のケアハウスと、要介護のものが入る65歳以上のケアハウスがあります。ケアハウスも、軽費老人ホームの一種で、入所の際には、入浴や排泄、洗濯など、日常生活を行うことが出来るが身体機能が低下しつつあり、自立した生活が心配な...

グループホームとは、認知症対応型共同生活介護といいます。認知(痴呆)症状はあるものの、身体介護までは必要ないという高齢者の方が、同症状の高齢者やケアスタッフと共に生活をするのです。認知症のお年寄りが10人以下の小人数でグループを作り、ケアスタッフとともアパートや貸家で家庭に近い状態で共同で日常生活を送ります。家庭的な雰囲気の中で毎日の生活に刺激を与え、介護スタッフによる食事、お風呂、トイレなどの生...

有料老人ホームとは地方自治体から認可を受けた老人ホームです。要するに公的な老人福祉施設以外の老人の施設と考えればいいでしょう。有料老人ホームは私的、民間というと、営利を目的としていますから、無駄を省いて効率を追求しますが、反面費用は公的な施設よりはかかります。サービスはそれぞれの施設で特徴があり、自分に合ったものを選ぶ必要があります。費用は一般的に、入居の際に数年間の家賃・終身利用権などを入居金と...

健康型有料老人ホームは、介護が必要ない健康な方が対象で、自立した生活が出来る人を入居対象とした老人ホームです。健康型有料老人ホームは、介護がまだ必要ではない人でも、1人暮らしは不安を感じる人や家庭の事情から、一緒に住むことが出来ない方など考えてみましょう。健康な老人なら健康型の有料老人ホームを利用すれば、新しい仲間ができ、万一の際の不安から開放されますからお勧めします。施設をいろいろ回ってみました...

住宅型有料老人ホームは、介護付有料老人ホームと違って、「特定施設入居者生活介護」を受けていませんから、施設では介護サービスは行っていません。では住宅型有料老人ホームは介護が必要な人は使えないと思いがちですが、介護を必要とする人も不要な人も入居することが出来る老人ホームです。それは訪問介護や訪問看護の居宅サービスを介護事業者と個人契約を結ぶことができるので、安心してサービスを受けることができます。受...

老人ホームの最も一般的な形態で、介護がいらない人と必要な人が共存する老人ホームで介護や食事、その他日常生活に必要な援助サービス等を受けることができます。介護付有料老人ホームが、介護保険を利用するには、各都道府県から「特定施設入居者生活介護」に指定された高齢者向け居住施設でなければなりません。特定施設入居者生活保護を受けている、「介護付(ケア付)」と表示されている有料老人ホームのことです。介護付き有...

特別養護老人ホーム(正式名称:介護老人福祉施設)とは通称、特養ホームと言われています。特養ホームは、65歳以上で在宅介護が難しい、要介護者が入居する公的福祉施設です。要介護とは、寝たきり状態や認知症など身体または精神に障害があることで、介護保険制度の「要介護」の判定が出た人が利用可能な老人ホームです。しかも居宅においては、介護を受けることが困難であり、やむを得ない事由により介護老人福祉施設に入所す...

養護老人ホーム(介護保険施行後は“介護老人福祉施設”へ移行)というのは、主に経済的な理由によって自宅での生活が困難な高齢者の自立者を入所させ、養護することを目的とする施設のことです。一定の条件を満たせば、「特定施設入居者生活保護」が受けられ、施設内で介護サービスを提供できるようになっています。養護老人ホームは特別養護老人ホームと違い、介護保険施設ではありません。行政による措置施設であり、入居の申し...

軽費老人ホームは、原則として60歳以上(夫婦の場合はどちらかが60歳以上)で、無料または低額な料金で利用でき健康な高齢者で介護を支援するというよりは食事の提供等日常生活を支援するための種類の老人ホームになります。老人デイサービスセンター、老人短期入所施設、養護老人ホーム、特別養護老人ホーム以外のものを言います。軽費老人ホームとはつまり住む家の問題で困った60歳以上の方に対し、日常生活に必要な便宜を...

介護付き有料老人ホームの次に施設数が多いのが、介護付の住宅型老人ホームです。そもそも住宅型老人ホームは、食事や生活支援等のサービスを受けることができる有料老人ホームのことをいい、介護付住宅型老人ホームといっても、介護保険の「特定施設入居者生活介護」の認定を受けていないので、実際のしくみは、施設としては食事と緊急時の対応を含めた日常的な生活支援だけで、介護サービスは外部の事業者が担っています。このた...

生活支援ハウスとケアハウスの違いについて、いろいろな要件をつき合わせながら、その違いをみていきます。まず、入居要件。生活支援ハウスの主な入居要件は、ある程度自立した生活を送ることができるものの、経済的不安がある高齢者が対象。ケアハイツは、年齢や健康面から自立した生活が送ることができないものの、経済的には不安がない高齢者が対象。また、利用料や費用負担について。生活支援ハウスの費用負担は、入居者の年金...

養護老人施設・養護老人ホーム(介護保険施行後は“介護老人福祉施設”へ移行)に入居するための基準は、年齢が65歳以上であること、自宅での生活が困難であること、身の回りのことは自分でできる(自立者である)こと、となっています。養護老人施設は、生活保護法により作られた高齢者施設であり、生活に困窮している高齢者が、対象となります。しかしながら、身の回りのことは自分でできるという観点から、寝たきりとなってい...

グループホームは、知的障害者を対象としたものもありますが、認知症高齢者を対象としたものが一般的なようです。グループホームが認知症高齢者を対象とした施設と言われるようになったのは、1980年代にスウェーデンで始まった認知症高齢者を寝かせきりにせず、少人数で民家を活用して共同生活を始めたことを参考にしたからです。グループホームを少人数単位(最大9名)にしているのは、家族的な環境があるなかで生活するため...

グループホームは、社会的介護のひとつの形態なのです−病気や障害などにより、高齢者自身が自分で生活をすることが困難な人たちが、専門のスタッフたちの援助を受けつつ、小人数による一般の住宅で生活するスタイルなのです。このグループホームの重要な点は、高齢者が福祉施設での生活を送るのではなく一般の住宅に住み、家族や里親のもとで生活する雰囲気であることなのです。つまり、グループホームの目指すところは、地域社会...

住宅型有料老人ホームに対し、介護付き有料老人ホームの特徴として挙げられるのは、その設備パフォーマンスの高さでしょう。住宅型の場合はお風呂に入るだけでも、被介護者を風呂場に運ぶのに大変な労力を要します。家の中の狭い廊下や風呂場の段差など、どうしても人手がかかり、被介護者の体力も消耗します。入浴施設に運ぶサービスなどもありますが、この場合は移動時の不快感解消が大きな課題となります。介護付き有料老人ホー...

団塊の世代が高齢者となった近年、皆さんのまわりにも高齢者と呼ばれる方が増えてきているのではないでしょうか?また、ご自身がまさにそうだという方もいらっしゃるでしょう。高齢者として介護が必要になり、老人ホームへの入所を考える際、私たちの取るべき道はどれくらい用意されているのでしょうか?ここではそうした問題について考えたいと思います。まず、老人ホームの種類について確認してみましょう。老人ホームには大きく...

グループホームとは、社会的介護のひとつの形態です−病気や障害などにより、自分で生活をすることが困難な人たちが、専門のスタッフたちの援助を受けて、小人数ながら一般の住宅で生活することが必須のライフスタイルなのです。繰り返しになりますが、重要なのは、施設での生活ではなく住宅、家族や里親のもとで生活をするような雰囲気なのです。つまり、目指すところは、地域社会に溶け込むように生活で別名、集団生活型介護とも...

そもそもケアハウスとは、60歳以上で元気な時から入居できる早目の住み替え先と位置づけられていましたが、介護保険が導入されるようになって、要介護1以上の認定を受けた人が入所できる介護型ケアハウスの運営が始まりました。このため、施設は自立支援型だったところへ、要介護者が多くなってきたため、24時間介護可能とした介護型に切り替えて特定施設入居者生活介護の指定を受けたり、建設当初から介護専用のユニット型に...

本来のケアハウスは、60歳以上の高齢者であれば元気な時から入居できる「第2の人生の棲家」といっても過言ではありませんでした。ところが、介護保険が導入されるようになって、要介護1以上の認定を受けた高齢者が入所できる介護型ケアハウスの運営が始まりました。このため、ケアハウスは従来の自立支援型だったのが、要介護者の高齢者の入居希望が多くなってきたため、24時間介護可能とした介護型に切り替えて特定施設入居...

平成12年の介護保険法の施行により、介護不要の高齢者向け住宅や介護の要不要を問わず医療・社会福祉を目的とした施設が急速に増えました。介護不要の高齢者向け住宅は「高齢者向け優良賃貸住宅」「シニア住宅」「シルバーハウジング」「ケア付き高齢者住宅」「グループリビング」の5種類があります。「高齢者向け優良賃貸住宅」は地方公共団体や地方住宅供給公社、民間企業などが事業主体。バリアフリー仕様の高齢者向け賃貸住...

高齢者が住居や住宅を探していて、貸主の意向として、家賃滞納や火災の心配などから入居を拒むケースが多いようです。こういうケースに対応する手段が「高齢者向け賃貸住宅」なのです。この「高齢者向け賃貸住宅」ですが、簡単に言えば<高齢者が安心して入居できる賃宅住宅>のことです。有料老人ホームと異なる点は、契約形態が「利用権方式」でなく、「賃貸借契約」であることです。「賃貸借契約」は、入居時の費用が比較的安く...

高齢者が安心したシニアライフを送るために高齢者施設をしっかりと選ぶことは重要なポイントのひとつですが、まず最初に確認しなければならないのが、その高齢者施設へ入る条件です。これは、いくら気に入った高齢者施設が見つけられても、入る条件に合致していなければ、入れないのです。一般的な高齢者施設へ入るための基準は、「年齢」「入居時に自立」もしくは「入居時要介護度」などがあります。高齢者施設へ入る条件は施設に...

軽費老人ホームとは、文字通り他の有料老人ホームや老人介護用住宅と比較して、利用料が安い施設が多いです。しくみとして、運営補助資金が国や自治体から供給されているためで、そうしたことから公共サービス的な側面の強い施設と言えるでしょう。このように公共性の高い施設であることから、一般的な有料老人ホームとの違いとして、入居者の健康状態に基づく入居制限があることが挙げられます。入居制限の内容としては、身の回り...

一番わかりやすい軽費老人ホームA型の特徴として給食の支給があります。施設案内やインターネットサイトでの比較などでも、概ね軽費老人ホームB型との違いを、B型が自炊形式であるのに対し、A型が給食形式であることを謳っています。しかし、実は、軽費老人ホームA型の特徴はこうした一面的なものではありません。他の介護サービス付き有料老人ホーム、軽費老人ホームB型などとはそれぞれ大きく異なる面を持っています。ここ...

最もわかりやすい軽費老人ホームB型の特徴として、この施設が自炊形式であることが挙げられます。他の有料老人ホームやその他福祉施設の中でも際立ったこの特徴は、ひとえに利用料を低く抑えることが目的です。食事の支給がある施設は、食費そのものは、大量ロットで購入するメリットなどから、一人当たりの費用を安く抑えることはできます。ただし、代わりに調理担当者の人件費がかかってしまいます。調理担当者は栄養士を兼ねて...

日本は今世界の中でも、トップを走る高齢化の進んだ国なっています。その高齢者に関しての住居の問題についても、色々な媒体等で目にすることが多くなっていますね。24時間介護付き住宅というような高齢者を対象とした住宅も多く見つけることができます。ただ、高齢者用の住宅といっても様々な種類がありますね。ただこれに関しては法律的な決まりのようなものはないようです。高齢者、それも家族と住むことが困難な高齢者の存在...

住宅型有料老人ホームとは、有料老人ホームの一種です。住宅型有料老人ホームとは対照的な施設で、現状最もポピュラーなタイプである介護付き有料老人ホームでは、近年多様化する高齢者のニーズをカバーしきれませんでした。こうしたことから、多様性と自由度を高めた形態として住宅型有料老人ホームは誕生しました。従来の介護付き有料老人ホームですと、共同での施設利用や、食堂で一斉に食事するのが当たり前でした。しかし、こ...

住宅型有料老人ホームのサービスとは、従来の介護付き有料老人ホームにはない、自由度を提供することにあると言ってよいでしょう。同じ有料老人ホームというくくりではありますが、介護付き有料老人ホームのサービスと住宅型有料老人ホームのサービスとは、それぞれ全く違うものとなっています。これはその設立時期と設立背景によります。先発の介護付き有料老人ホームは、いわゆる従来の老人ホームです。高齢者が同じ屋根の下で、...

老人施設には、リハビリや認知症をケアすることなどを目的としたホーム、介護を必要とする人が入居する施設というように、老人施設をいくつかの種類に分けることができます。主な老人施設の種類は、以下の通りです。まず、リハビリや認知症をケアすることを目的にした老人施設として、「老人保健施設」というものがあります。この老人施設は、入居期間を3ヶ月と限り、例えば、病院から自分の家へ移るため、病院から老人施設へ移る...

高齢者福祉施設とは、高齢者用や高齢者専用の住まいなどの総称と言っても過言ではないと思います。もっとも、高齢者福祉施設というのは、施設の総称であり、それぞれの施設の種類や施設の特徴についての明確な定義はありますが、高齢者福祉施設という総称には定義はありません。なお、高齢者福祉施設の種類としては、「グループホーム」「介護老人保健施設」「特別養護老人ホーム」「療養医療施設」「軽費老人ホーム」「有料老人ホ...

高齢者施設には、施設基準のある施設と施設基準のない施設があります。一般的に言われている老人ホームは、介護付き有料老人ホームのことを指していて、この介護付き有料老人ホームには、施設基準があります。どうして、施設基準があるのか?それは、有料老人ホームが増えてきている中で、介護付き有料老人ホームの数が圧倒的に多いのでが、多いがゆえに悪質な施設運営をする民間業者が増えてきて、その被害者が増えてきていること...

養護老人施設である養護老人ホームへ入居するための基準は、高齢者つまり、年齢が65歳以上であること、自宅での生活が困難であるが、身の回りのことは自分でできる自立生活者であること、となっています。そもそも、この養護老人施設は、生活保護法によって作られた老人ホームなのです。つまり、生活に困窮して生活保護を受けているような高齢者が、入居できる対象というワケです。しかし、前述尾通り、身の回りのことが自分自身...

民間の事業会社が営利目的で設置・運営できる高齢者施設を有料老人ホームなどと呼びます。この有料老人ホームには、3つのタイプがあります。そのうちのひとつが、比較的自由度が高い在宅型有料老人ホームです。この在宅型有料老人ホームでは、食事サービスなどが付いた高齢者向けの住居施設の有料老人ホームです。 在宅型有料老人ホームのほかに「介護付」「健康型」があります。在宅型有料老人ホームは、「介護付」と違い「特定...

高齢者が日常生活を送るための施設が老人ホームです。日常生活を快適に送るために、必要なサービスを提供することが老人ホームの目的です。老人ホームには、大きく分けると2種類−つまり、有料老人ホームと公的老人福祉施設の2種類があります。有料老人ホームとは、民間の事業会社が営利事業として運営している施設がその大半です。この有料老人ホームについて、具体的な種類を挙げると、「介護付有料老人ホーム」「健康型有料老...

生活支援ハウスとは、「高齢者生活福祉センター」とも呼ばれています。生活支援ハウスという施設としての特徴は、独立した自立生活では不安があり、家族による支援を受けることが困難な高齢者を受け入れる施設です。当初、生活支援ハウスは、特別養護老人ホームの入所要件に満たない人や自立しているが独立生活が難しい方を受け入れる施設として、特別養護老人ホームに併設されていることも多かったようです。つまり、生活支援ハウ...

サービス付き高齢者向け住宅事業登録制度とは、「高齢者の居住の安定確保に関する法律」に基づき平成23年より開始された制度です。このサービス付き高齢者向け住宅事業登録制度の具体的な要件は、高齢者世帯や要介護者などの増加に対応していること、高齢者が安心して生活することができる住まい・住環境の整備されていることなどが備わっていて、バリアフリー構造などがあり、介護・医療と連携したサービス付き高齢者向け住宅が...

サービス付き高齢者向け住宅には、3つの基準をクリアする必要があります。そして、その3つの基準それぞれの一定の要件を満たしていて、都道府県に登録された住宅なのです。この3つの基準とは、住宅の設計や構造に関する基準、入居者へのサービスに関する基準、契約内容に関する基準です。サービス付き高齢者向け住宅は、「高齢者の居住の安定確保に関する法律」で定められた制度を2011年に全面的に改正したものなのです。こ...

生活支援ハウスは、各自治体で利用する規約が定められており、全国的に同一基準はないのです。そして、生活支援ハウスは公的補助を受けて市町村が設立・運営、もしくは委託契約を外部業者と契約されている施設です。つまり、基本的なことは、定義として定まってはいるものの、運営上の細目は個々の自治体で定められているようです。この定義ですが、生活支援ハウスとは高齢者が安心して入居し、日常生活することができる施設なので...

高齢者施設とは、高齢者用ないしは高齢者専用の住まいなどの総称と言って良いでしょう。それは、高齢者施設という総称の一方で、明確な定義はないのです。なお、高齢者施設とイメージされるのは、介護サービスなどがある入所型の施設が近いものであろう、と思われます。そのイメージに近い施設の種類としては、「グループホーム」「介護老人保健施設」「特別養護老人ホーム」「療養医療施設」「軽費老人ホーム」「有料老人ホーム」...