老人ホーム

老人ホームには公的な施設と私的な民間の施設ものがあります。公的な施設とは、老人福祉施設といい老人福祉法5条の3に定義があり種類としては次の7つになります。特別養護老人ホーム 、老人デイサービスセンターは介護が必要な支障がある方を対象として、老人短期入所施設はそれを短期に使うものです。養護老人ホームと軽費老人ホームがいわゆる老人ホームと考えられます。身体や精神に障害はないけれど、経済的に困窮あるいは...

老人ホームは健康型有料老人ホームを使えるように健康ならいいですが、介護が必要な時はどうでしょうか?実は、自宅や病院で介護するよりも老人ホームの方が環境の良い場合があります。老人ホームを介護の面から考えると、 軽度の介護 重度の介護 リハビリや認知症のケアに分けられます。軽度の介護を目的としては、ケアハウスといわれる老人ホームがあります。介護までは必要ではないが一人で自宅で生活するのは不安と言う人や...

60歳を過ぎた団塊の世代の定年退職を皮切りに、高齢化社会が本格化してきた日本ですが、老人ホームに入るのは何歳からが妥当と言えるのでしょうか?一般的な老人ホームの入所可能年齢は55歳からであったり、特に年齢制限を設けていなかったりしています。日本では企業における定年の年齢は、かつては「60歳定年」というのが当たり前でしたが、最近では65歳という企業も増えています。公務員は60歳定年というイメージがあ...

高齢者と若年層や中高年とで食欲をくらべると、個人差は相当あるようですが、高齢者の食欲は低下している場合が多いそうです。その理由は、筋肉が落ちていて、栄養を欲さなくなっている、味覚が低下しているなどの特徴がそうさせているそうです。このため、食事そのものだけでなく、食事をするための環境なども必要なのです。このため、高齢者の食事で大切となる特徴は、<食事を楽しむこと>、<食事のリズムを大切にすること>、...

2006年4月に介護付き有料老人ホームの人数制限が撤廃されました。従来は常時介護を必要とする高齢者を10名以上擁することが条件でしたが、この人数制限が撤廃され、1名以上でよいことになりました。この規制緩和以降、介護付き有料老人ホームの設置件数が急増しました。この背景は何なのでしょうか?一番大きな理由は、業態の変化です。今まではこの10名以上という制限から、どうしても中規模以上の施設になりがちでした...

団塊の世代の定年退職にあたり、質の高い老人ホームの不足を懸念する声が、介護従事者の中から上がっています。現在、老人ホームと呼ばれている施設の中には、公的に認定を受けたものから、類似呼称、類似業態であるだけで、非公認のものも存在します。国や自治体が定めた申請条件をクリアし、設置認可を受けたものの中に介護付き有料老人ホームがありますが、類似業態として高齢者住宅というものも存在します。介護付き有料老人ホ...

高齢者がワイワイ、ガヤガヤと日々を楽しく過ごすには、しっかりとした食事と適度の運動が必要です。しっかりとした食事や適度の運動は、なにも高齢者に限って必要というわけではありませんが、年齢を加えてきた高齢者は「食欲がなくなってきた」「油っぽい食事は食べたくない」など食事について、抑止がかかってしまいます。しかしながら、中国の言葉に「医食同源」というものがあります。食は命を維持するために必要なものです。...

高齢者とは、社会の中で年齢がひときわ高い成員のことを称しています。国連・世界保健機関 (WHO) での高齢者の定義では、65歳以上の人のことを示しています。日本でも国連・世界保健機関 の定義を使っています。ところで、この国連・世界保健機関での高齢者の定義ですが、65〜74歳までを前期高齢者、75歳以上を後期高齢者、85歳以上を末期高齢者といいます。高齢者の定義はこの三段階の年齢階層で示されています...

国連・世界保健機関 (WHO) での高齢者の定義では、65歳以上の人のことを示しています。最近では、医療技術の発達や食文化の向上などにより、高齢者の特徴が出てくるのは、相当に加齢してからです。しかし、衰えや老いを感じ始めると、日常生活を送るのが億劫になるとともに、外出する意識が薄れるなどして、家に閉じこもるようになります。そして、家に閉じこもることで、社会の刺激が少なくなり、痴呆などにつながったり...

高齢者に関わらず、日常生活の楽しみのひとつが食事という方は多いと思います。ワイワイ、ガヤガヤ会話しながら、楽しいひと時が食事を通して送れるのです。しかしながら、高齢者は、一般に「噛む」力が弱い場合が多く、食事ができないことで、楽しみにしている食事が、楽しみでなくならないように気をつける必要があります。高齢者を含めて「噛む」力が弱くなっている人のためには、食事のうち小さく刻んで食べやすくする工夫をす...

介護保険施行後は“介護老人福祉施設”へ移行した養護老人施設や養護老人ホームへ入居するための基準は、国連機関が定める年齢が65歳以上の高齢者であること、自宅で生活は困難であること、身の回りのことは自分自身でできる(自立生活者である)こと、となっています。養護老人施設や養護老人ホームは、市町村など公的機関が運営・管理をしている公的福祉施設なのです。入居できるのは、生活保護を受けるなどしている入居基準を...

高齢化社会の進展から、今後、日本の社会においては、高齢者の数はしばらくの間、増加の一途をたどることは、ずいぶん前から予測されていました。このため、高齢者住居型施設−住宅型とも言われるようですが、急速に普及させています。高齢者住居型施設は、高齢者向けマンションなどもその範ちゅうに入りますが、その高齢者住居型施設の普及率は海外と比べると相当に遅れており、高齢者増加を予測のもと、急ピッチで普及しているよ...

少子高齢化といわれ、今後、日本の社会において、これから高齢者の数はしばらくの間、増加の一途をたどります。このことは、今後、有料老人ホームに需要があると思われます。有料老人ホームでは、今後、利用者が増えても、確保できるような経営が望まれます。今後の有料老人ホームの展望は、老人介護全般をグループ会社として経営していたり、大手で資金力がある有料老人ホームが生き残っていくと考えられます。特に、地方の有料老...

老人ホームは、高齢者が日常生活を送るための施設です。快適にこの日常生活を送るために、必要なサービスを提供することが老人ホームの目的なのです。この老人ホームには、大きく分けると、有料老人ホームと老人福祉施設の2種類に分けられます。有料老人ホームは、民間企業が営利事業として運営しているものがほとんどです。有料老人ホームを具体的に挙げると、「介護付有料老人ホーム」「健康型有料老人ホーム」「在宅型有料老人...

公的老人ホームとは、地方自治体などの公的機関が運営する老人ホームのことを指しています。現在では、民間の事業会社が運営する私的な施設がたくさん増えてきていますが、国や地方自治体などの公的な補助を受けて各地の福祉法人などが運営する施設を公的老人ホームと言っています。ところで、公的老人ホームへの入居希望者はとても多く、人気が高い状況です。入居希望者が多い理由は大きく分けて2つの要因があります。ひとつめは...

有料老人ホームの特徴を一言でいえば、いわゆる“老人ホーム”と言われる施設です。そもそも高齢者が入居する施設は、大きく分けると2つに分けられます。ひとつは、民間企業が営利目的で設置・運営している施設−有料老人ホーム、もうひとつは、地方自治体など公的機関が設置・運営をしている老人福祉施設です。この2つは、高齢者向け施設の特徴と言っても良いでしょう。ところで、民間企業が営利目的で設置・運営している有料老...

まず、有料老人ホームを設立する場合には、都道府県への届出が必要です。有料老人ホームは民間の事業会社が営利目的で設立・運営できる高齢者向けの施設なのですが、悪質な介護サービスや劣悪な施設環境で老人ホームが設立されないように、届出を科しているのです。なお、場合によっては、市町村でも良いようですが、事業主体は個人ではなく、法人格を取得しているのであれば、どなたでも老人ホームの設立が可能です。ところで、有...